オーロラシーズンの始まり

北欧の夏が終わるとバイヤーMicaが騒ぎ出す。
なぜかって…

フィンランドオーロラシーズンが始まるトナ♡

フィンランドのオーロラ

実はオーロラって年中見れてもおかしくない現象だけど、「北欧の夏は太陽が沈まない白夜があるから、明るくて見えていない。」と言われているトナ。

白夜のシーズンが終わり、真っ暗で、かつ雲のない夜(フィンランドでは12月〜1月は曇りがち)。これがオーロラを狙えるシーズンって訳トナね。

湖とオーロラ

ちなみに、フィンランドの中でも僕がいるロヴァニエミはフィンランド南部に比べてオーロラを見ることができる確率は高い。オーロラが出やすい北極ラインに近いからね。

だから前に紹介したフィンランド南部Kotkaに住むHans( 参照:海辺のサマーフェスティバル )たちは大きなオーロラが見れることを羨ましがるトナ♪

ちなみにSoLのフィンランド写真担当のJussiは、オーロラも日常の一コマだからMicaがオーロラ予報と夜空に張り付いて、一緒にオーロラ爆発を観察するに至るまではロヴァニエミでこんなに見れるとは知らなかった。

…なんと贅沢な。。。 (´ー`*)(笑)

と言う訳で、SoLのフィンランド写真担当だけどオーロラにあまり執着のない地元っ子Jussiは早く寝てしまうので、夜な夜なサウナからオーロラを狙うのはMicaなのであります。

サウナから見るフィンランドのオーロラ

綺麗なフローラの後ろにオーロラ。幸せの瞬間トナ〜♡

オーロラとファウナ

いい写真が撮れるのなら!とファウナを持ち出して極寒の空の下、オーロラ背景でパチリ。

う〜ん!ただでさえ美しい北欧ガラスがまた一層美しい。美しすぎて眩しいとはこのことトナ。

「光のカーテン」などに例えられるオーロラは本当に神秘的。

大自然がもたらす壮大な自然現象は、まだまだ解明されてない部分も多く、科学的説明を超越するほど不思議で美しい光景に、人は更に魅了されるのかもしれないトナね。

オーロラ含め日々の生活はMicaのインスタグラム(@sol.suomessa_on_lahja)で公開中。

現地観光ガイドもやってるので遊び行く予定のある人はぜひトナ〜!

フィンランドのイースター

日本は桜が満開、
フィンランドでは猫柳が満開トナ。

猫柳

そりゃあもう春フィーバー!!
みんな嬉しくて春を満喫中トナ。

春イベントの1つがイースター。

easter egg

キリストの復活祭だけど、春を訪れを祝う日でもある。
どちらかと言うと、フィンランドでは後者の意味合いの方が大きいトナね。

イースターの1週間前から子供達は魔女の格好をして、飾りつけした猫柳(魔法の杖)を持って近所を練り歩き、家内安全・繁栄を願う、幸せの呪文を唱えるトナ。

その幸福の呪文の代わりに、小さな魔女たちはお菓子をもらう。子供達にとって楽しい&嬉しい一大イベント♪

Jussiの従兄弟たちの子供の頃の写真をもらってきたよ!!

イースターの可愛い魔女
田舎の魔女になりきる子供たち
飾りつけされた猫柳
飾りつけされた猫柳=魔法の杖

こんな可愛い訪問者に幸せの呪文を唱えてもらったら、それはお菓子をあげざるを得ないトナね(//▽//)

だからこの時期はどの家庭もチョコやキャンディを用意しておく必要が。

と言うことで、街中にはイースター用のお菓子もいっぱい!

イースターのお菓子

うーん!!カラフル!!
みんなでこの日を楽しんでる様子が伝わるトナねぇ〜^ω^

この日の様子はローカル新聞にも載っちゃうほど。

フィンランドのイースター新聞

なんとも微笑ましい♡

帰ってからは、みんなで卵に絵付けをしたり、卵料理を食べたり、家族の時間を楽しむトナ。

絵付けされたイースターエッグ
Mica作イースターエッグ

ここで忘れてはいけないのは、イースターのお菓子、マンミ。

復活祭のデザート、伝統的なフィンランド料理トナ。

見た目は黒いペーストで、なんだか味が想像できない感じだけど、ライ麦・麦芽・砂糖で練り上げられたマンミは、ほのかに甘く、クリームに砂糖をまぶして食べるのが一般的。

フィンランドの伝統料理・マンミ

フィンランド人でも好き嫌いが分かれるんだけど、『年に一度は食べる!!』と言う意気込みなので、この時期はスーパーにマンミが山積みトナ。

世界一不味いと評判のサルミアッキほどは食べにくくないので、イースターの時期に北欧に遊びに来る機会があればお試しあれ♪

こんな感じで北欧のイースターは、春の訪れを喜び、この一年の幸福と繁栄を願いながら、みんなで楽しく過ごすトナ^^

まだまだイースターネタは尽きないけど、今回はこの辺で!!

食器:Sotka / Arabia,  Kastehelmi / Nuutajarvi

【今月のPick up!!】春を知らせるPaju

記録的大寒波の冬がやっと終わり、暖かい日も増えてきました。

そう、待ちに待った春です。

春って不思議ですよね。
太陽が出て、いつもよりちょっと暖かいだけで『今日はいい日だ♪』と思えたり、道端に咲いた花にふと心が和らいだり、新学期はしゃいで通学する子たちが微笑ましかったり。

春

日常のちょっとしたことなのになんだか嬉しい。
季節がもたらす効果は絶大だなぁ〜

きっとそれは北欧の人々も同じで。
長い冬を越えてやってくる春を本当に楽しみにしています。

その春の訪れの象徴的なものの一つがPaju(パユ)なのです。

paju,パユ,アラビア,arabia,北欧食器,

『Paju』はフィンランド語で『柳 』を表します。

『柳』と言うと、京都の白川のような柳を思い出すので、Pajuは柳のこんもりした感じのデザインなのかなぁ?

と思っていたのですが、バイヤーMikaがJussiに聞いてみたところ、

『え?何言ってるの?フィンランドで柳といえばコレだよ!』

と、教えてくれたのが猫柳でした。

paju,パユ,アラビア,arabia,北欧食器,
猫の尻尾のようだから猫柳。
フィンランド語でもPaju Kissa。(Paju=柳、Kissa=猫)

まさに今の時期、早春にこの猫柳が花(もふもふ部分)を咲かせることから、『春の訪れを告げる植物』として昔から愛されています。

この時期のスーパーのチラシにもご覧の通り。

paju,パユ,アラビア,arabia,北欧食器,

街中にも猫柳がいっぱい!!

paju,パユ,アラビア,arabia,北欧食器,

日本でも春になると100円均一や雑貨屋さん、スーパーなど、いたるところで桜の枝が売られているのを見かけます。
フィンランドではそれが猫柳と言った感じの様です。

paju,パユ,アラビア,arabia,北欧食器,

そして猫柳は春の一大イベント、イースターでも欠かせないもの。
(イースターについては後日tonatonaでご紹介予定)

paju,パユ,アラビア,arabia,北欧食器,ヴィn

男の子が持ってる枝がまさに猫柳。
イースターで使ったり、窓辺に飾ったり。

paju,パユ,アラビア,arabia,北欧食器,

猫柳がどれだけ北欧で春の象徴として愛されているか、と言うのが改めてわかった気がします。

北欧で愛されているPajuで春を感じてみませんか?

paju,パユ,アラビア,arabia,北欧食器,

ポンポンとリズミカルに描かれた半円形のデザインが可愛らしくも、足が高めの上品なフォルム。

春を喜び愛しむ私たちの気持ちを表してくれてる様。

優雅なティータイムになりそうですね♪

paju,パユ,アラビア,arabia,北欧食器,

Arabia / Paju

では!

【今月のpick up!】魅惑のヴァレンシア

こんばんは。

気づけば12月。
2017年も終わりですね。

2017年の始まりにSoLの立ち上げを考え、今までのお仕事と並行して準備を進めながら、9月本格始動。

長かったような、あっという間なような。。

SoLにご来店頂いた皆さま、このゆるり更新をご覧頂いてる皆さま、本当に有り難く思ってます。

ご購入いただく度に、愛犬達に喜びのハグ(本人達は迷惑そう)をするので、そろそろ落ち着け私。。

でも、この感謝の気持ちはずっと忘れないよう、心に刻んでおこうと誓うこの頃です。

と、前置きが長くなってしまいました。
本題は今月のpick up!!

どれにしようかな〜と色々候補はありますが、2017年の〆だし、SoLで一番売れたもので行こうかと。

そう、ARABIAのValenciaです。

北欧の暮らし,北欧ヴィンテージ,ヴァレンシア

もちろんヴァレンシアオレンジと掛けてますが(笑)お伝えするのは食器の方ですよ〜♪

Valenciaは1960年代〜2003年まで製造されていた、アラビアの中でも超ロングセラーシリーズ。

細かい絵付け、という訳ではないですが、筆の濃淡で中央の花を現したり、下地の白を残すことで、美しいデザインを作り出しており、見ているとついつい惹きこまれてしまうシリーズです。

北欧の暮らし,北欧ヴィンテージ,ヴァレンシア

手描きなのでもちろん同じものは2つとなく、「世界にたった一つのもの」であることも魅力ですね。

実際に並べてみると色の出方や、花の様子が違ったりして、手作業ならではの温かみにニンマリしてしまいます♪

北欧の暮らし,北欧ヴィンテージ,ヴァレンシア

この異国情緒漂う深い濃藍色と、大胆なデザインはスペインのヴァレンシア地方をヒントに作られたとか。

GustavsbergでもTahitiシリーズがあるように、北欧の人々は、温暖な国やその環境に思いを馳せながら、長い冬を過ごすのかもしれませんね。

これからの季節にもぴったりのお色味。

北欧の暮らし,北欧ヴィンテージ,ヴァレンシア
現地でも、飾りとして使われたり、ちょっと特別な日に使われたり、だったようで、比較的綺麗なお品も多い気がします。

日々の生活にプラスαを与えてくれるValencia。

北欧の暮らし,北欧ヴィンテージ,ヴァレンシア

カップ類はもちろん、プレートやクリーマー、シュガーポット、キャセロールにジャグまで、幅広くありますので、是非お気に入りの子を見つけてくださいね♪ Arabia/Valencia

北欧の暮らし,北欧ヴィンテージ,ヴァレンシア

それでは、みなさま素敵なクリスマスと良いお年をお迎えください♪

彩りのセイヨウナナカマド

12月、フィンランドもすっかり雪景色トナ。

朝目を覚ますと広がるのはこの景色。

北欧の暮らし,北欧ヴィンテージ,ナナカマド

街を歩けばこの景色。

北欧の暮らし,北欧ヴィンテージ,ナナカマド

夕暮れ時にはこの景色。

北欧の暮らし,北欧ヴィンテージ,ナナカマド

本当に美しいトナね〜
この赤と白のコントラスト。……..

『…ん?赤と白??なんだこの赤い木は??』
と思うのは、北海道や東北以外にお住いの方のようトナ。

北海道や東北には同じ属のナナカマドがあって、なんだかよくみる景色らしい。

名前の由来は「7回カマに入れても燃え残る、とても強い木」トナ!びっくり!!

 

フィンランドにあるのはセイヨウナナカマド。

北欧神話でトール神が増水した川を渡る際に、セイヨウナナカマドの木に助けられたことから、水難避けのお守りとして使われたり、『生命力を司る木』として崇められ、魔除けとして使われたりと、昔から身近にあるゆかりの深い木トナ。
*北欧神話とフィンランド神話はまた別物なのですけどね。

初夏から実を付け出し、初めは緑色。その後、黄色、オレンジ色、朱色、赤、真紅と、色が変化してくトナ。

北欧の暮らし,北欧ヴィンテージ,ナナカマド

葉が落ちてしまっても真紅の実だけが残る、とっても特徴的な木トナ。

引いて見るとこんなにたわわ!!

北欧の暮らし,北欧ヴィンテージ,ナナカマド

たわわわわ!!うーん!圧巻!!

フィンランドでは森に入ってベリーやキノコを自由に採れるので、もちろんセイヨウナナカマドも採って食用に使えるトナ♪

北欧の暮らし,北欧ヴィンテージ,ナナカマド

わっほーい!
と叫びたくなるくらい可愛らしい赤い実がたくさん♪

それをじっくりコトコト煮込んでいくと…

北欧の暮らし,北欧ヴィンテージ,ナナカマド

ジャムの出来上がりトナ〜♪

北欧の暮らし,北欧ヴィンテージ,ナナカマド

でもこのセイヨウナナカマド、実は苦味があるトナ。
その時期は鳥も食べに来ないトナ。

フィンランドでは「気温が一気に下がった後に摘むと甘い」と言われていて、実際その時期になると一斉に鳥も集まりだすとか。
鳥はよく知ってるトナね〜

ということで、冷凍して作るのが美味しく作るコツトナ♪

いっぱいできたジャムはもちろん活用。

北欧の暮らし,北欧ヴィンテージ,ナナカマド

チョコと混ぜて…

北欧の暮らし,北欧ヴィンテージ,ナナカマド

どんどん作る!

北欧の暮らし,北欧ヴィンテージ,ナナカマド

あぁ!!早速Jussi(ユーシー)に取られてるトナ!!

北欧の暮らし,北欧ヴィンテージ,ナナカマド

あ…なんだ、見せてくれただけトナね。。ほっ
と思ったのもつかの間、やはりパクパク完食したトナ。笑

自然豊かなフィンランド。
ジャムを買う機会も少ないトナ。

美味しいお菓子とコーヒー、寒い時期の至福の時間トナね!!

北欧の暮らし,北欧ヴィンテージ,ナナカマド

食器:Arabia/Flora

*ちなみに日本のナナカマドとセイヨウナナカマドは少し違うようです。ナナカマドには微量ながら毒があるとか。ご自身でナナカマドを使われる際は、よく調べてご利用くださいね!

続・海辺のサマーフェスティバル

日本もめっきり寒くなったトナ。
でも今回もお届けするのは前回からの続・サマーフェスティバル。。。

日本ではこーゆうとき『なんでやねん!』っていうらしいトナ。

みんな夏を思い出して楽しむトナ!!
だってみんなこんなに楽しんでるんだもの。

kotka,dance

鮮やかな衣装での青空ダンスに、
日本では見かけない移動式の遊園地だってあるトナ♪

kotka,festival

カラフルな遊具が青空に映えて、さらに楽しい♪
こんな一大フェスティバルだから、パフォーマーも登場トナ。

kotka,performer

…ん?ちょっと怖い?

コーヒー消費量世界トップクラスのフィンランドらしい、こんなものも。

katka,coffee

みんな本当にコーヒーが大好き。
SoLの写真を担当するJussiはコーヒー飲まないと禁断症状で手が震えるらしいトナ。(笑)

それだけコーヒーは北欧では欠かせないもので、みんなに愛されてるトナ♪

そして北欧の夏は、白夜でご存知の通り、太陽がなかなか沈まない。…となると、お楽しみの花火もなかなかの明るさのまま行われるトナ!

kotka,firework

この明るさで23:30。
え?そんな時間に近所迷惑?
いえいえ、この時間出ないと花火も綺麗に見えないトナ。

そしていつまでたっても明るいから、フェスティバルはもちろんオールナイト!!この時はみんな朝まで楽しんじゃうトナ♪

花火の後は夏を楽しむ人々から歓声が上がり、帆船が歓声に応えるように汽笛を鳴らすトナ。それぞれの帆船が、それぞれの音を出すので、それはそれはとても美しいハーモニーを奏でるトナ。

なんてダイナミックで幻想的な夜トナね〜。

そして忘れてはいけないTall ships race。フェスティバルの終了に合わせて、翌日には次のレースが始まるトナ。

kotka,tallship

皆が出港の汽笛を鳴らし、クルーが歌う船もあり、音楽隊のメロディあり、大砲の音まであり、盛大な出港になったトナ。

次にKotkaにこの帆船が来るのは10年後。
でもまたきた時には10年前を思い出し、きっとみんないろんな思いで、夏を楽しむトナね♪

以上、夏の北欧の紹介でしたトナ!
今後は僕の季節になるから、北欧冬景色でもご紹介するトナ。お楽しみに〜♪

あ、そうそう。
この人が今回写真を撮ってくれたHansさん。爽やかイケメンナイスガイ!

kotka,hans

言っとくけど、、、、右じゃないトナよ?

Thank you for such a wonderful pictures, Hans!! 🙂

フィンランドの夏 海辺のサマーフェスティバル

さっ!
今回はフィンランドの夏をお届けするトナ!

え?日本は秋トナ?
・・・北欧もトナ。

本当は夏に公開予定だったけど、店長がサボって色々あるって言ってたトナ。人間界のオトナのジジョーってやつトナね。

でも珍しいお話だし、冬が長い北欧の人にとって、春〜夏は一大イベント。そのHappyをお届けするトナ!

 

舞台はフィンランドのKotka(コトカ)。南東部に位置し、フィンランド湾に注ぐ河口が広がる、海辺の町トナ。

毎年夏に、『海の日』としてフェスティバルが開催されるトナ。

ただでさえビックイベントのフェスティバルに加え、今年はヨーロッパで開催されている『Tall ships race(帆船レース)』の経由地になった事で、盛大に開催されたトナ!

Tall shipってのはコレ。

tallship1

どうトナ?
パイレーツ・オブ・カリビアンみたいでかっこいいトナ♪

この帆船が今年はスウェーデン→フィンランド・コトカ、フィンランド・トゥルク→ポーランドと経由地を回りながらレースをしていくトナ。

tallship2(参照:http://www.sailtraininginternational.org)

海辺にはスウェーデンから来た帆船がずらり。

tallship3

昔から引き継がれる帆船技術の中で、国際友好と若者の育成を目的に1956年から開催されるこのレース。驚くことに、乗組員の半分は15〜25歳。ひゃ〜!若い!こうやって伝統が受け継がれていくトナね。

そして海沿いにお店が並びこんな感じで賑やかに。

tallship4

帆船を眺めながらビールってのも最高トナ!

tallship5
フィンランドの夏は短く、冬の日照時間を取り戻そうと北欧の人々はこの時期全力で太陽を浴びるトナ。街中でも青空カフェは当たり前、青空昼寝もよく見かけるトナ。見てるだけで気持ちいいトナね〜♪むにゃむにゃ

ここでも青空ヨガがあったトナよ。

tallship6

季節を楽しむ姿勢なんかは日本と似てると店長も言ってたトナ。

日本とフィンランド。遠いけど似てると言われる国民性や、暮らしに馴染見やすいデザイン、何かしら不思議な縁を感じるトナね。

まだまだコトカのフェスティバルは続くのでまた次回トナ。

【今月のpick up!】フィンランドの幸せを運ぶ鳥 Sotka

こんにちは!
まずは初めまして。SoLの店長りさです。

『今月のpick up!』ではショッピングサイトではなかなかご紹介できない、北欧の食器たちについて、もっとお話できたらいいな〜毎月やりたいな〜,,,と思っていたのに、気づけばもう10月!!汗

何度か訪れてくれてた方、大変お待たせしました。今後はゆるりと更新していきますので、お付き合いいただけると嬉しいです。

今月は私の大好きなArabiaのSotkaシリーズ。

sotka,arabia
Sotkaとはフィンランド語でハジロを意味します。
ハジロとはカモ科に属する鳥。湖が多いフィンランドでは多く見られる子です。

今は現地大手家具メーカーのマスコットキャラクターにも採用されています。そしてトランプにも。本当に身近な存在なんでしょうね。

sotka,arabia

ハジロは次の繁殖期に向けて羽が生え変わるそう。
水鳥の羽はちょっとぽってりした形。Sotkaのデザインはこの羽からきたのかな〜なんて想像しています。

フィンランド神話の中では、『世界に1羽のとても美しい水鳥が飛来し、その卵から世界は誕生した』とされていたり、現代でも天の川は『鳥の通り道』と呼ばれていたり。フィンランドの人にとって鳥は、古代からの重要な信仰の対象だったようです。

そんな水鳥の羽がデザインされたものだとしたら、またさらに素敵ですよね。

装飾はRaija Uosikkinen。シンプルながらも一筆一筆、職人によって丁寧にハンドペイントが施されています。

そしてこのデザインが驚くほど、お料理をより美しく引き立ててくれるのです。

sotka,arabia

深みのある藍色と、シンプルなデザイン、そしてGoran Backのしっかりめのフォルムが相まって、不思議な魔法がかかったみたい。

ちょっと特別な日に使いたくなっちゃいますね。

そして更には他の食器とも相性抜群。

sotka,arabia

Floraはもちろん、

sotka,arabia

Tsaikkaとも。既にお手持ちの子たちとの組み合わせも楽しんでいただけると思います。

また、Sotkaはカップ&ソーサーはもちろん、ディナープレートやボウル、オーバルプレートなど、シリーズ展開も豊富です。ご自身のスタイルに合うお気に入りを見つけてくださいね。

sotka,arabia

Sotkaの羽がいつもの食卓に幸せを運んでくれるはずです。

 

ご無沙汰トナ

いつも脈絡が無くてすいませんトナ。

なんだか、この写真の人が気になったトナ。

石本藤雄さんトナ。

アラビア社のデザイナーさんトナ。

元々はマリメッコのデザイナーさんで、退職後にアラビアのアート部門で作陶に励んでるトナ。

フィンランドの地の一流デザイナーの一人が日本人と言うのは不思議な縁ですトナ。

美味しいトナ!?

ここが僕の故郷、フィンランドトナ。

場所がわからないトナ?

グーグル先生に聞いてみると良いトナ。

オーロラが見れたりするのだけど、年の多くが冬。。。トナ。

写真の通り、ゆき、ユキ、雪とな。

そして。。。僕が写っているトナ。。。。。

。。。。。。

。。。。。

。。。。

。。。

。。

干し肉。。。。トナ。

フィンランドでは、トナカイ肉のお料理は普通トナ。

ステーキ、煮込み等々、いわゆるジビエ。。。。トナ。

詳しくはまた後ほど。。。。取り敢えず、ここまでトナ。