彩りのセイヨウナナカマド

12月、フィンランドもすっかり雪景色トナ。

朝目を覚ますと広がるのはこの景色。

北欧の暮らし,北欧ヴィンテージ,ナナカマド

街を歩けばこの景色。

北欧の暮らし,北欧ヴィンテージ,ナナカマド

夕暮れ時にはこの景色。

北欧の暮らし,北欧ヴィンテージ,ナナカマド

本当に美しいトナね〜
この赤と白のコントラスト。……..

『…ん?赤と白??なんだこの赤い木は??』
と思うのは、北海道や東北以外にお住いの方のようトナ。

北海道や東北には同じ属のナナカマドがあって、なんだかよくみる景色らしい。

名前の由来は「7回カマに入れても燃え残る、とても強い木」トナ!びっくり!!

 

フィンランドにあるのはセイヨウナナカマド。

北欧神話でトール神が増水した川を渡る際に、セイヨウナナカマドの木に助けられたことから、水難避けのお守りとして使われたり、『生命力を司る木』として崇められ、魔除けとして使われたりと、昔から身近にあるゆかりの深い木トナ。
*北欧神話とフィンランド神話はまた別物なのですけどね。

初夏から実を付け出し、初めは緑色。その後、黄色、オレンジ色、朱色、赤、真紅と、色が変化してくトナ。

北欧の暮らし,北欧ヴィンテージ,ナナカマド

葉が落ちてしまっても真紅の実だけが残る、とっても特徴的な木トナ。

引いて見るとこんなにたわわ!!

北欧の暮らし,北欧ヴィンテージ,ナナカマド

たわわわわ!!うーん!圧巻!!

フィンランドでは森に入ってベリーやキノコを自由に採れるので、もちろんセイヨウナナカマドも採って食用に使えるトナ♪

北欧の暮らし,北欧ヴィンテージ,ナナカマド

わっほーい!
と叫びたくなるくらい可愛らしい赤い実がたくさん♪

それをじっくりコトコト煮込んでいくと…

北欧の暮らし,北欧ヴィンテージ,ナナカマド

ジャムの出来上がりトナ〜♪

北欧の暮らし,北欧ヴィンテージ,ナナカマド

でもこのセイヨウナナカマド、実は苦味があるトナ。
その時期は鳥も食べに来ないトナ。

フィンランドでは「気温が一気に下がった後に摘むと甘い」と言われていて、実際その時期になると一斉に鳥も集まりだすとか。
鳥はよく知ってるトナね〜

ということで、冷凍して作るのが美味しく作るコツトナ♪

いっぱいできたジャムはもちろん活用。

北欧の暮らし,北欧ヴィンテージ,ナナカマド

チョコと混ぜて…

北欧の暮らし,北欧ヴィンテージ,ナナカマド

どんどん作る!

北欧の暮らし,北欧ヴィンテージ,ナナカマド

あぁ!!早速Jussi(ユーシー)に取られてるトナ!!

北欧の暮らし,北欧ヴィンテージ,ナナカマド

あ…なんだ、見せてくれただけトナね。。ほっ
と思ったのもつかの間、やはりパクパク完食したトナ。笑

自然豊かなフィンランド。
ジャムを買う機会も少ないトナ。

美味しいお菓子とコーヒー、寒い時期の至福の時間トナね!!

北欧の暮らし,北欧ヴィンテージ,ナナカマド

食器:Arabia/Flora

*ちなみに日本のナナカマドとセイヨウナナカマドは少し違うようです。ナナカマドには微量ながら毒があるとか。ご自身でナナカマドを使われる際は、よく調べてご利用くださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です