【今月のPick up!!】春を知らせるPaju

記録的大寒波の冬がやっと終わり、暖かい日も増えてきました。

そう、待ちに待った春です。

春って不思議ですよね。
太陽が出て、いつもよりちょっと暖かいだけで『今日はいい日だ♪』と思えたり、道端に咲いた花にふと心が和らいだり、新学期はしゃいで通学する子たちが微笑ましかったり。

春

日常のちょっとしたことなのになんだか嬉しい。
季節がもたらす効果は絶大だなぁ〜

きっとそれは北欧の人々も同じで。
長い冬を越えてやってくる春を本当に楽しみにしています。

その春の訪れの象徴的なものの一つがPaju(パユ)なのです。

paju,パユ,アラビア,arabia,北欧食器,

『Paju』はフィンランド語で『柳 』を表します。

『柳』と言うと、京都の白川のような柳を思い出すので、Pajuは柳のこんもりした感じのデザインなのかなぁ?

と思っていたのですが、バイヤーMikaがJussiに聞いてみたところ、

『え?何言ってるの?フィンランドで柳といえばコレだよ!』

と、教えてくれたのが猫柳でした。

paju,パユ,アラビア,arabia,北欧食器,
猫の尻尾のようだから猫柳。
フィンランド語でもPaju Kissa。(Paju=柳、Kissa=猫)

まさに今の時期、早春にこの猫柳が花(もふもふ部分)を咲かせることから、『春の訪れを告げる植物』として昔から愛されています。

この時期のスーパーのチラシにもご覧の通り。

paju,パユ,アラビア,arabia,北欧食器,

街中にも猫柳がいっぱい!!

paju,パユ,アラビア,arabia,北欧食器,

日本でも春になると100円均一や雑貨屋さん、スーパーなど、いたるところで桜の枝が売られているのを見かけます。
フィンランドではそれが猫柳と言った感じの様です。

paju,パユ,アラビア,arabia,北欧食器,

そして猫柳は春の一大イベント、イースターでも欠かせないもの。
(イースターについては後日tonatonaでご紹介予定)

paju,パユ,アラビア,arabia,北欧食器,ヴィn

男の子が持ってる枝がまさに猫柳。
イースターで使ったり、窓辺に飾ったり。

paju,パユ,アラビア,arabia,北欧食器,

猫柳がどれだけ北欧で春の象徴として愛されているか、と言うのが改めてわかった気がします。

北欧で愛されているPajuで春を感じてみませんか?

paju,パユ,アラビア,arabia,北欧食器,

ポンポンとリズミカルに描かれた半円形のデザインが可愛らしくも、足が高めの上品なフォルム。

春を喜び愛しむ私たちの気持ちを表してくれてる様。

優雅なティータイムになりそうですね♪

paju,パユ,アラビア,arabia,北欧食器,

Arabia / Paju

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です