フィンランドのイースター

日本は桜が満開、
フィンランドでは猫柳が満開トナ。

猫柳

そりゃあもう春フィーバー!!
みんな嬉しくて春を満喫中トナ。

春イベントの1つがイースター。

easter egg

キリストの復活祭だけど、春を訪れを祝う日でもある。
どちらかと言うと、フィンランドでは後者の意味合いの方が大きいトナね。

イースターの1週間前から子供達は魔女の格好をして、飾りつけした猫柳(魔法の杖)を持って近所を練り歩き、家内安全・繁栄を願う、幸せの呪文を唱えるトナ。

その幸福の呪文の代わりに、小さな魔女たちはお菓子をもらう。子供達にとって楽しい&嬉しい一大イベント♪

Jussiの従兄弟たちの子供の頃の写真をもらってきたよ!!

イースターの可愛い魔女
田舎の魔女になりきる子供たち
飾りつけされた猫柳
飾りつけされた猫柳=魔法の杖

こんな可愛い訪問者に幸せの呪文を唱えてもらったら、それはお菓子をあげざるを得ないトナね(//▽//)

だからこの時期はどの家庭もチョコやキャンディを用意しておく必要が。

と言うことで、街中にはイースター用のお菓子もいっぱい!

イースターのお菓子

うーん!!カラフル!!
みんなでこの日を楽しんでる様子が伝わるトナねぇ〜^ω^

この日の様子はローカル新聞にも載っちゃうほど。

フィンランドのイースター新聞

なんとも微笑ましい♡

帰ってからは、みんなで卵に絵付けをしたり、卵料理を食べたり、家族の時間を楽しむトナ。

絵付けされたイースターエッグ
Mica作イースターエッグ

ここで忘れてはいけないのは、イースターのお菓子、マンミ。

復活祭のデザート、伝統的なフィンランド料理トナ。

見た目は黒いペーストで、なんだか味が想像できない感じだけど、ライ麦・麦芽・砂糖で練り上げられたマンミは、ほのかに甘く、クリームに砂糖をまぶして食べるのが一般的。

フィンランドの伝統料理・マンミ

フィンランド人でも好き嫌いが分かれるんだけど、『年に一度は食べる!!』と言う意気込みなので、この時期はスーパーにマンミが山積みトナ。

世界一不味いと評判のサルミアッキほどは食べにくくないので、イースターの時期に北欧に遊びに来る機会があればお試しあれ♪

こんな感じで北欧のイースターは、春の訪れを喜び、この一年の幸福と繁栄を願いながら、みんなで楽しく過ごすトナ^^

まだまだイースターネタは尽きないけど、今回はこの辺で!!

食器:Sotka / Arabia,  Kastehelmi / Nuutajarvi