オーロラシーズンの始まり

北欧の夏が終わるとバイヤーMicaが騒ぎ出す。
なぜかって…

フィンランドオーロラシーズンが始まるトナ♡

フィンランドのオーロラ

実はオーロラって年中見れてもおかしくない現象だけど、「北欧の夏は太陽が沈まない白夜があるから、明るくて見えていない。」と言われているトナ。

白夜のシーズンが終わり、真っ暗で、かつ雲のない夜(フィンランドでは12月〜1月は曇りがち)。これがオーロラを狙えるシーズンって訳トナね。

湖とオーロラ

ちなみに、フィンランドの中でも僕がいるロヴァニエミはフィンランド南部に比べてオーロラを見ることができる確率は高い。オーロラが出やすい北極ラインに近いからね。

だから前に紹介したフィンランド南部Kotkaに住むHans( 参照:海辺のサマーフェスティバル )たちは大きなオーロラが見れることを羨ましがるトナ♪

ちなみにSoLのフィンランド写真担当のJussiは、オーロラも日常の一コマだからMicaがオーロラ予報と夜空に張り付いて、一緒にオーロラ爆発を観察するに至るまではロヴァニエミでこんなに見れるとは知らなかった。

…なんと贅沢な。。。 (´ー`*)(笑)

と言う訳で、SoLのフィンランド写真担当だけどオーロラにあまり執着のない地元っ子Jussiは早く寝てしまうので、夜な夜なサウナからオーロラを狙うのはMicaなのであります。

サウナから見るフィンランドのオーロラ

綺麗なフローラの後ろにオーロラ。幸せの瞬間トナ〜♡

オーロラとファウナ

いい写真が撮れるのなら!とファウナを持ち出して極寒の空の下、オーロラ背景でパチリ。

う〜ん!ただでさえ美しい北欧ガラスがまた一層美しい。美しすぎて眩しいとはこのことトナ。

「光のカーテン」などに例えられるオーロラは本当に神秘的。

大自然がもたらす壮大な自然現象は、まだまだ解明されてない部分も多く、科学的説明を超越するほど不思議で美しい光景に、人は更に魅了されるのかもしれないトナね。

オーロラ含め日々の生活はMicaのインスタグラム(@sol.suomessa_on_lahja)で公開中。

現地観光ガイドもやってるので遊び行く予定のある人はぜひトナ〜!

フィンランドのイースター

日本は桜が満開、
フィンランドでは猫柳が満開トナ。

猫柳

そりゃあもう春フィーバー!!
みんな嬉しくて春を満喫中トナ。

春イベントの1つがイースター。

easter egg

キリストの復活祭だけど、春を訪れを祝う日でもある。
どちらかと言うと、フィンランドでは後者の意味合いの方が大きいトナね。

イースターの1週間前から子供達は魔女の格好をして、飾りつけした猫柳(魔法の杖)を持って近所を練り歩き、家内安全・繁栄を願う、幸せの呪文を唱えるトナ。

その幸福の呪文の代わりに、小さな魔女たちはお菓子をもらう。子供達にとって楽しい&嬉しい一大イベント♪

Jussiの従兄弟たちの子供の頃の写真をもらってきたよ!!

イースターの可愛い魔女
田舎の魔女になりきる子供たち
飾りつけされた猫柳
飾りつけされた猫柳=魔法の杖

こんな可愛い訪問者に幸せの呪文を唱えてもらったら、それはお菓子をあげざるを得ないトナね(//▽//)

だからこの時期はどの家庭もチョコやキャンディを用意しておく必要が。

と言うことで、街中にはイースター用のお菓子もいっぱい!

イースターのお菓子

うーん!!カラフル!!
みんなでこの日を楽しんでる様子が伝わるトナねぇ〜^ω^

この日の様子はローカル新聞にも載っちゃうほど。

フィンランドのイースター新聞

なんとも微笑ましい♡

帰ってからは、みんなで卵に絵付けをしたり、卵料理を食べたり、家族の時間を楽しむトナ。

絵付けされたイースターエッグ
Mica作イースターエッグ

ここで忘れてはいけないのは、イースターのお菓子、マンミ。

復活祭のデザート、伝統的なフィンランド料理トナ。

見た目は黒いペーストで、なんだか味が想像できない感じだけど、ライ麦・麦芽・砂糖で練り上げられたマンミは、ほのかに甘く、クリームに砂糖をまぶして食べるのが一般的。

フィンランドの伝統料理・マンミ

フィンランド人でも好き嫌いが分かれるんだけど、『年に一度は食べる!!』と言う意気込みなので、この時期はスーパーにマンミが山積みトナ。

世界一不味いと評判のサルミアッキほどは食べにくくないので、イースターの時期に北欧に遊びに来る機会があればお試しあれ♪

こんな感じで北欧のイースターは、春の訪れを喜び、この一年の幸福と繁栄を願いながら、みんなで楽しく過ごすトナ^^

まだまだイースターネタは尽きないけど、今回はこの辺で!!

食器:Sotka / Arabia,  Kastehelmi / Nuutajarvi

【今月のpick up!】フィンランドの幸せを運ぶ鳥 Sotka

こんにちは!
まずは初めまして。SoLの店長りさです。

『今月のpick up!』ではショッピングサイトではなかなかご紹介できない、北欧の食器たちについて、もっとお話できたらいいな〜毎月やりたいな〜,,,と思っていたのに、気づけばもう10月!!汗

何度か訪れてくれてた方、大変お待たせしました。今後はゆるりと更新していきますので、お付き合いいただけると嬉しいです。

今月は私の大好きなArabiaのSotkaシリーズ。

sotka,arabia
Sotkaとはフィンランド語でハジロを意味します。
ハジロとはカモ科に属する鳥。湖が多いフィンランドでは多く見られる子です。

今は現地大手家具メーカーのマスコットキャラクターにも採用されています。そしてトランプにも。本当に身近な存在なんでしょうね。

sotka,arabia

ハジロは次の繁殖期に向けて羽が生え変わるそう。
水鳥の羽はちょっとぽってりした形。Sotkaのデザインはこの羽からきたのかな〜なんて想像しています。

フィンランド神話の中では、『世界に1羽のとても美しい水鳥が飛来し、その卵から世界は誕生した』とされていたり、現代でも天の川は『鳥の通り道』と呼ばれていたり。フィンランドの人にとって鳥は、古代からの重要な信仰の対象だったようです。

そんな水鳥の羽がデザインされたものだとしたら、またさらに素敵ですよね。

装飾はRaija Uosikkinen。シンプルながらも一筆一筆、職人によって丁寧にハンドペイントが施されています。

そしてこのデザインが驚くほど、お料理をより美しく引き立ててくれるのです。

sotka,arabia

深みのある藍色と、シンプルなデザイン、そしてGoran Backのしっかりめのフォルムが相まって、不思議な魔法がかかったみたい。

ちょっと特別な日に使いたくなっちゃいますね。

そして更には他の食器とも相性抜群。

sotka,arabia

Floraはもちろん、

sotka,arabia

Tsaikkaとも。既にお手持ちの子たちとの組み合わせも楽しんでいただけると思います。

また、Sotkaはカップ&ソーサーはもちろん、ディナープレートやボウル、オーバルプレートなど、シリーズ展開も豊富です。ご自身のスタイルに合うお気に入りを見つけてくださいね。

sotka,arabia

Sotkaの羽がいつもの食卓に幸せを運んでくれるはずです。