オーロラシーズンの始まり

北欧の夏が終わるとバイヤーMicaが騒ぎ出す。
なぜかって…

フィンランドオーロラシーズンが始まるトナ♡

フィンランドのオーロラ

実はオーロラって年中見れてもおかしくない現象だけど、「北欧の夏は太陽が沈まない白夜があるから、明るくて見えていない。」と言われているトナ。

白夜のシーズンが終わり、真っ暗で、かつ雲のない夜(フィンランドでは12月〜1月は曇りがち)。これがオーロラを狙えるシーズンって訳トナね。

湖とオーロラ

ちなみに、フィンランドの中でも僕がいるロヴァニエミはフィンランド南部に比べてオーロラを見ることができる確率は高い。オーロラが出やすい北極ラインに近いからね。

だから前に紹介したフィンランド南部Kotkaに住むHans( 参照:海辺のサマーフェスティバル )たちは大きなオーロラが見れることを羨ましがるトナ♪

ちなみにSoLのフィンランド写真担当のJussiは、オーロラも日常の一コマだからMicaがオーロラ予報と夜空に張り付いて、一緒にオーロラ爆発を観察するに至るまではロヴァニエミでこんなに見れるとは知らなかった。

…なんと贅沢な。。。 (´ー`*)(笑)

と言う訳で、SoLのフィンランド写真担当だけどオーロラにあまり執着のない地元っ子Jussiは早く寝てしまうので、夜な夜なサウナからオーロラを狙うのはMicaなのであります。

サウナから見るフィンランドのオーロラ

綺麗なフローラの後ろにオーロラ。幸せの瞬間トナ〜♡

オーロラとファウナ

いい写真が撮れるのなら!とファウナを持ち出して極寒の空の下、オーロラ背景でパチリ。

う〜ん!ただでさえ美しい北欧ガラスがまた一層美しい。美しすぎて眩しいとはこのことトナ。

「光のカーテン」などに例えられるオーロラは本当に神秘的。

大自然がもたらす壮大な自然現象は、まだまだ解明されてない部分も多く、科学的説明を超越するほど不思議で美しい光景に、人は更に魅了されるのかもしれないトナね。

オーロラ含め日々の生活はMicaのインスタグラム(@sol.suomessa_on_lahja)で公開中。

現地観光ガイドもやってるので遊び行く予定のある人はぜひトナ〜!

フィンランドのイースター

日本は桜が満開、
フィンランドでは猫柳が満開トナ。

猫柳

そりゃあもう春フィーバー!!
みんな嬉しくて春を満喫中トナ。

春イベントの1つがイースター。

easter egg

キリストの復活祭だけど、春を訪れを祝う日でもある。
どちらかと言うと、フィンランドでは後者の意味合いの方が大きいトナね。

イースターの1週間前から子供達は魔女の格好をして、飾りつけした猫柳(魔法の杖)を持って近所を練り歩き、家内安全・繁栄を願う、幸せの呪文を唱えるトナ。

その幸福の呪文の代わりに、小さな魔女たちはお菓子をもらう。子供達にとって楽しい&嬉しい一大イベント♪

Jussiの従兄弟たちの子供の頃の写真をもらってきたよ!!

イースターの可愛い魔女
田舎の魔女になりきる子供たち
飾りつけされた猫柳
飾りつけされた猫柳=魔法の杖

こんな可愛い訪問者に幸せの呪文を唱えてもらったら、それはお菓子をあげざるを得ないトナね(//▽//)

だからこの時期はどの家庭もチョコやキャンディを用意しておく必要が。

と言うことで、街中にはイースター用のお菓子もいっぱい!

イースターのお菓子

うーん!!カラフル!!
みんなでこの日を楽しんでる様子が伝わるトナねぇ〜^ω^

この日の様子はローカル新聞にも載っちゃうほど。

フィンランドのイースター新聞

なんとも微笑ましい♡

帰ってからは、みんなで卵に絵付けをしたり、卵料理を食べたり、家族の時間を楽しむトナ。

絵付けされたイースターエッグ
Mica作イースターエッグ

ここで忘れてはいけないのは、イースターのお菓子、マンミ。

復活祭のデザート、伝統的なフィンランド料理トナ。

見た目は黒いペーストで、なんだか味が想像できない感じだけど、ライ麦・麦芽・砂糖で練り上げられたマンミは、ほのかに甘く、クリームに砂糖をまぶして食べるのが一般的。

フィンランドの伝統料理・マンミ

フィンランド人でも好き嫌いが分かれるんだけど、『年に一度は食べる!!』と言う意気込みなので、この時期はスーパーにマンミが山積みトナ。

世界一不味いと評判のサルミアッキほどは食べにくくないので、イースターの時期に北欧に遊びに来る機会があればお試しあれ♪

こんな感じで北欧のイースターは、春の訪れを喜び、この一年の幸福と繁栄を願いながら、みんなで楽しく過ごすトナ^^

まだまだイースターネタは尽きないけど、今回はこの辺で!!

食器:Sotka / Arabia,  Kastehelmi / Nuutajarvi

フィンランドの夏 海辺のサマーフェスティバル

さっ!
今回はフィンランドの夏をお届けするトナ!

え?日本は秋トナ?
・・・北欧もトナ。

本当は夏に公開予定だったけど、店長がサボって色々あるって言ってたトナ。人間界のオトナのジジョーってやつトナね。

でも珍しいお話だし、冬が長い北欧の人にとって、春〜夏は一大イベント。そのHappyをお届けするトナ!

 

舞台はフィンランドのKotka(コトカ)。南東部に位置し、フィンランド湾に注ぐ河口が広がる、海辺の町トナ。

毎年夏に、『海の日』としてフェスティバルが開催されるトナ。

ただでさえビックイベントのフェスティバルに加え、今年はヨーロッパで開催されている『Tall ships race(帆船レース)』の経由地になった事で、盛大に開催されたトナ!

Tall shipってのはコレ。

tallship1

どうトナ?
パイレーツ・オブ・カリビアンみたいでかっこいいトナ♪

この帆船が今年はスウェーデン→フィンランド・コトカ、フィンランド・トゥルク→ポーランドと経由地を回りながらレースをしていくトナ。

tallship2(参照:http://www.sailtraininginternational.org)

海辺にはスウェーデンから来た帆船がずらり。

tallship3

昔から引き継がれる帆船技術の中で、国際友好と若者の育成を目的に1956年から開催されるこのレース。驚くことに、乗組員の半分は15〜25歳。ひゃ〜!若い!こうやって伝統が受け継がれていくトナね。

そして海沿いにお店が並びこんな感じで賑やかに。

tallship4

帆船を眺めながらビールってのも最高トナ!

tallship5
フィンランドの夏は短く、冬の日照時間を取り戻そうと北欧の人々はこの時期全力で太陽を浴びるトナ。街中でも青空カフェは当たり前、青空昼寝もよく見かけるトナ。見てるだけで気持ちいいトナね〜♪むにゃむにゃ

ここでも青空ヨガがあったトナよ。

tallship6

季節を楽しむ姿勢なんかは日本と似てると店長も言ってたトナ。

日本とフィンランド。遠いけど似てると言われる国民性や、暮らしに馴染見やすいデザイン、何かしら不思議な縁を感じるトナね。

まだまだコトカのフェスティバルは続くのでまた次回トナ。